My partner is also my teacher. As such, we typically avoid any discussion of my practice in the home, but tonight it came up. Like many, I am attached to the practice – or rather, asana. In the heat of feeling sorry for myself, I began to lament that over the past five years of practicing, I’ve made little growth. My partner stopped me in my tracks and corrected my limited definition of “the practice.” But being the stubborn person that I am, I still needed to get everything off of my chest.

 

“I’ve always moved forward then backward, forward then backward.”

 

All sorts of challenges – pregnancy, parenthood, finishing a Ph.D., losing a parent, recovering from a serious illness, moving across the Pacific Ocean (twice), big changes in my professional career – all of these have tempered any forward movement in my asana practice. When I took a breath between rambling my list of woes, my partner simply said, “And this is why your practice has grown so much.”

 

I stopped to reflect.

 

What this practice has done for me over the years is it has given me the quiet that I needed – a centerline through the “zig-zagging” that is life. The daily routine, the discipline – there’s comfort in knowing that at least something is the same every day. In its ideal form, this is a practice of sameness: six days a week, same time, same shala, same teacher, same asanas, matching inhale and exhale… While every other aspect of our lives may be in disarray, the practice is a reliable constant.

 

A particular memory comes to mind as I write this. The morning my father passed away, I followed the usual routine of dropping my son off at daycare and making my way to the shala. Upon sharing the news with my partner, he told me, “Just practice primary today.” The next morning, I thought I would again have some kind of “reprieve,” but instead my partner said, “Do your usual practice.” It was a major effort just being there on my mat, let alone exerting myself to my (perceived) physical and mental limits. But as I struggled to maintain my focus through feelings of sadness, I started to realize what an amazing teacher I have. There was great comfort in the sameness. My world as a daughter may have felt shattered, but for those two hours of my practice, nothing had changed. My teacher had given me the ultimate solace.

 

Whatever my external, physical practice may be now or become in the future, it will always be my own, where I find stillness. And I am grateful for my teacher, and my past teachers, for sharing this practice with me. As my teacher always reminds people, “It’s the method, not me.” But, without our teacher, there is no medium for which the practice to pass through.

 

Vande gurunam.


私のパートナーは、私の先生でもあります。私たちは概して、家ではプラクティスについて語らないようにしていますが、今夜は違いました。多くの人と同様に、私もプラクティス、アサナに執着があります。私は過去5年間のプラクティスで、わずかな成長しか遂げなかった事に対し後悔の念を抱き始めていました。私のパートナーはその考えを打ち消し、私の ”プラクティス” に対する考えに幅を持たせてくれました。しかし私の様な頑固者にはまだ、全ての肩の荷をおろす必要がありました。

私は常に前進し後退しています。前進そして後退。

あらゆる全てのチャレンジ ー 妊娠し、親になり、博士号を終え、親を亡くし、重病を克服し、太平洋を二度縦断、そして大きく職歴を2度変える ー これらのチャレンジ全てが、私のアサナ・プラクティスをより更に進めました。私に起こった様々な出来事の合間合間に、私のパートナーは簡潔にこう言いました。「だからあなたのプラクティスは、こんなにも成長するだよ」と。

私は考えることをやめました。

この年月をかけ、このプラクティスから私は ー 『ジグザグ』の日々の生活を通過して中心線、つまりは日々の生活や訓練にたどり着くこと ー が必要だという結論に至りました。毎日、何か少しでも同じものがあるということが癒しになります。理想の型は、同じでいるためのプラクティス:週6回、同じ時間、同じ場所、同じ先生、同じアサナ、吸う息と吐く息を合わせて。我々の生活は秩序がない一方で、プラクティスは確かで普遍なものです。

 特に今、このような話が思い起こせます。私の父が亡くなった朝、私は普段と変わりない生活を送りました。息子を託児所にあずけ、シャラへと向いました。父の話を私のパートナーに語った時、彼はこう言いました。「今日はプライマリーシリーズだけしなさい」と。次の朝、私は何か「一時逃れ」のような気がしていましたが、私のパートナーは「普段の練習をしなさい」と言ったのです。マットの上にいることは、大変な努力が必要でした。それは私の(認識できる限りの)身体的・精神的な限界に立ち向かうことでもありました。しかし、私が悲しみに意識をとられるその一方で、なんて私は素晴らしい先生を持っているのだろうとも気づきはじめました。普遍であることが、素晴らしい癒しでした。父の娘である事が終わってしまった以外には、このプラクティスの2時間の間、何も変わらなったのです。先生は私に、究極の慰めを与えてくれたのです。

私の外見的、身体的なプラクティスはおそらく現在そして将来も、常に私に属するものであり、そこに私は静寂を覚えます。そして私の現在、過去の先生たちとこの練習を分ちあってきたことに感謝しています。「これは方式であって、私ではない」私の先生が常に生徒たちに注意していることです。しかし、私たちは先生無くして、その練習を通過する手段はないのです。

Vande gurunam(ヴァンデ グルナム)ー  至高の師よ

Ashtanga Yoga Center Osaka

アシュタンガヨガセンター大阪


We teach Ashtanga Yoga according to the tradition and lineage of Sri K. Pattabhi Jois. We hope to pass on these teachings as we learned them from our teachers at the Krishna Pattabhi Jois Ashtanga Yoga Institute.

The Importance of Having a Teacher

Rayna Matsuno Weise
Click here for full screen reading

My partner is also my teacher. As such, we typically avoid any discussion of my practice in the home, but tonight it came up. Like many, I am attached to the practice – or rather, asana. In the heat of feeling sorry for myself, I began to lament that over the past five years of practicing, I’ve made little growth. My partner stopped me in my tracks and corrected my limited definition of “the practice.” But being the stubborn person that I am, I still needed to get everything off of my chest.

 

“I’ve always moved forward then backward, forward then backward.”

 

All sorts of challenges – pregnancy, parenthood, finishing a Ph.D., losing a parent, recovering from a serious illness, moving across the Pacific Ocean (twice), big changes in my professional career – all of these have tempered any forward movement in my asana practice. When I took a breath between rambling my list of woes, my partner simply said, “And this is why your practice has grown so much.”

 

I stopped to reflect.

 

What this practice has done for me over the years is it has given me the quiet that I needed – a centerline through the “zig-zagging” that is life. The daily routine, the discipline – there’s comfort in knowing that at least something is the same every day. In its ideal form, this is a practice of sameness: six days a week, same time, same shala, same teacher, same asanas, matching inhale and exhale… While every other aspect of our lives may be in disarray, the practice is a reliable constant.

 

A particular memory comes to mind as I write this. The morning my father passed away, I followed the usual routine of dropping my son off at daycare and making my way to the shala. Upon sharing the news with my partner, he told me, “Just practice primary today.” The next morning, I thought I would again have some kind of “reprieve,” but instead my partner said, “Do your usual practice.” It was a major effort just being there on my mat, let alone exerting myself to my (perceived) physical and mental limits. But as I struggled to maintain my focus through feelings of sadness, I started to realize what an amazing teacher I have. There was great comfort in the sameness. My world as a daughter may have felt shattered, but for those two hours of my practice, nothing had changed. My teacher had given me the ultimate solace.

 

Whatever my external, physical practice may be now or become in the future, it will always be my own, where I find stillness. And I am grateful for my teacher, and my past teachers, for sharing this practice with me. As my teacher always reminds people, “It’s the method, not me.” But, without our teacher, there is no medium for which the practice to pass through.

 

Vande gurunam.


私のパートナーは、私の先生でもあります。私たちは概して、家ではプラクティスについて語らないようにしていますが、今夜は違いました。多くの人と同様に、私もプラクティス、アサナに執着があります。私は過去5年間のプラクティスで、わずかな成長しか遂げなかった事に対し後悔の念を抱き始めていました。私のパートナーはその考えを打ち消し、私の ”プラクティス” に対する考えに幅を持たせてくれました。しかし私の様な頑固者にはまだ、全ての肩の荷をおろす必要がありました。

私は常に前進し後退しています。前進そして後退。

あらゆる全てのチャレンジ ー 妊娠し、親になり、博士号を終え、親を亡くし、重病を克服し、太平洋を二度縦断、そして大きく職歴を2度変える ー これらのチャレンジ全てが、私のアサナ・プラクティスをより更に進めました。私に起こった様々な出来事の合間合間に、私のパートナーは簡潔にこう言いました。「だからあなたのプラクティスは、こんなにも成長するだよ」と。

私は考えることをやめました。

この年月をかけ、このプラクティスから私は ー 『ジグザグ』の日々の生活を通過して中心線、つまりは日々の生活や訓練にたどり着くこと ー が必要だという結論に至りました。毎日、何か少しでも同じものがあるということが癒しになります。理想の型は、同じでいるためのプラクティス:週6回、同じ時間、同じ場所、同じ先生、同じアサナ、吸う息と吐く息を合わせて。我々の生活は秩序がない一方で、プラクティスは確かで普遍なものです。

 特に今、このような話が思い起こせます。私の父が亡くなった朝、私は普段と変わりない生活を送りました。息子を託児所にあずけ、シャラへと向いました。父の話を私のパートナーに語った時、彼はこう言いました。「今日はプライマリーシリーズだけしなさい」と。次の朝、私は何か「一時逃れ」のような気がしていましたが、私のパートナーは「普段の練習をしなさい」と言ったのです。マットの上にいることは、大変な努力が必要でした。それは私の(認識できる限りの)身体的・精神的な限界に立ち向かうことでもありました。しかし、私が悲しみに意識をとられるその一方で、なんて私は素晴らしい先生を持っているのだろうとも気づきはじめました。普遍であることが、素晴らしい癒しでした。父の娘である事が終わってしまった以外には、このプラクティスの2時間の間、何も変わらなったのです。先生は私に、究極の慰めを与えてくれたのです。

私の外見的、身体的なプラクティスはおそらく現在そして将来も、常に私に属するものであり、そこに私は静寂を覚えます。そして私の現在、過去の先生たちとこの練習を分ちあってきたことに感謝しています。「これは方式であって、私ではない」私の先生が常に生徒たちに注意していることです。しかし、私たちは先生無くして、その練習を通過する手段はないのです。

Vande gurunam(ヴァンデ グルナム)ー  至高の師よ